tarareba KEIBA
出走馬診断

宝塚記念 出走馬診断

※順不同 A~Dの4段階評価
完全オリジナル全頭タラレバ診断です。最終予想とは異なり諸条件やオッズを加味してないので、必ずしもA馬を本命にするとは限りません。

ドリームレースは宝塚じゃなくて最終12Rや!って狙ってた馬がいたんだけど回避でがっかり。逆に阪神10Rに買いたい馬がいるので後日載せます😀💪
宝塚記念は推定人気上位馬がA評価に…。あとは週末の雨も降るのかどうか微妙になってきたので、もう少し煮詰めたいと思います。

Aキセキ
海外帰りだった日経賞を除けば距離延長時は【2-2-2-1】で馬券外は有馬記念の5着。距離延長でパフォーマンスを上げる典型的なルーラーシップ産駒で阪神2200m替わりはプラス。さらに、当レース相性の良い父非サンデー系+トニービン持ち。タフ馬場もこなせるだけに減点材料がない。

Aレイデオロ
前走のドバイは折り合いを欠いてハナへ。スローペースとはいえ直線の長いメイダン競馬場ではさすがに苦しい。もともと平均的に脚を使う馬でスローよりタフな流れが得意なタイプ。コース形状的にも上がり勝負になる可能性は低く前走以上は確実。キセキ同様に非サンデー系+ロベルト系も相性が良い。海外帰りという点以外は好条件。

Aリスグラシュー
直線の短いコースで走ったのは秋華賞くらいだが、タフ馬場をこなすパワーがある馬で何も問題ない。そもそも終いは確実で崩れ知らず。ここでも上がりは最上位。牝馬は好走率が高いレースで、余程不向きな展開にならない限り崩れないのでは。

Bマカヒキ
前走は展開不向きの中、追い込んで4着ならこの馬なりに調子が上がっている証拠だろう。ただ、前走より流れそうな展開とはいえ差し有利なわけではなく、距離延長も大幅プラスでもない。前走より少しパフォーマンスを上げる程度か。想定7番人気なら悪くない。

<C・D評価>
Cエタリオウ
当レース相性の良いステイゴールド産駒。内回りでパフォーマンス上昇の可能性を残すがいかんせん気難しい馬。普通に考えれば前2走のメンバーレベルで負けてるようでは足りないが、この馬は相手云々より走る方に気が向くかどうか。道悪で集中力が増すか否かも不明…。 まぁ全力を出したらこれまで見せたことない脚を繰り出せるかと言われたら可能性は低いかと。

Cアルアイン
前走の大阪杯は枠順、展開、馬場などすべてが向いた条件。マイルCSもそうだがペース、上がりともに速すぎない流れがベスト。今回はあの形で負けたキセキが再度緩いペースを作るとは思えない。距離延長もプラスではなく、前走よりパフォーマンス上昇はない。相手候補まで。

Cスワーヴリチャード
前走のドバイは直線の長い左回りで得意条件。 昨年は内有利の馬場で早めに前に進出し、モタれ癖もラチを使って解消とデムーロの神騎乗が大きい勝利だったので同じパフォーマンスが出せるかは微妙。海外帰りでもあり地力でどこまでといった評価。

Dノーブルマーズ
前走は展開、距離ともに不向き。距離延長+タフ馬場で条件は好転だが昨年よりメンバーレベルが高いので強気にはなれない。穴ならベタにこれだが期待値は低い。

Dクリンチャー
Dショウナンバッハ
Dスティッフェリオ
Dタツゴウゲキ

現時点で気になる穴馬はコレ🐴

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。