tarareba KEIBA
今週の重賞

宝塚記念 最終予想

見解

現時点でも芝が掘れてタフなコンディション。追い雨あればさらに悪化の可能性も。時計はそれなりだが馬場適性が重要。

土曜の傾向では内回りはやや前有利だったが、外を回しても馬力のある馬なら伸びていた。 宝塚記念は外捲りが決まりやすいレース質。
そんなにペースが上がるとは思えず、馬場適性+上がりが要求されるはず。

印上位

◎⑫リスグラシュー

〇②レイデオロ

▲⑦マカヒキ

△①キセキ   

△⑪スワーヴリチャード

リスグラシューは父ハーツクライが相性の良いトニービン持ち。 さらに母方にサドラーズウェルズ、ミルリーフ系とタフ馬場に強い欧州血統。良馬場の決め手勝負よりタフなレース質の方が向く馬。

上がりはメンバー最上位で牝馬の好走率も高い。余程不向きな展開にならない限り馬券率は高い。

レイデオロはキンカメ×シンボリクリスエスと非サンデー系で文句なし。多少の道悪なら問題もない。

危険馬

当レース相性の良い種牡馬。ただ、この産駒にしては斬れすぎな印象で内回りでパフォーマンスを上げる同産駒とはタイプが異なる感じがする。そうなるとここで狙うのも意味がない。

危険馬はランキングに記載😊💪🏾
⬇⬇⬇

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。