tarareba KEIBA
出走馬診断

ラジオNIKKEI賞 出走馬診断

※順不同 A~Dの4段階評価
完全オリジナル全頭タラレバ診断です。最終予想とは異なり諸条件やオッズを加味してないので、必ずしもA馬を本命にするとは限りません。

週末の展開が定まらないけど、もう道悪に決めつけて考えました!!あとは多頭数で枠順も大きく左右しそうなのでもう少し煮詰めたい。いずれにせよ配当妙味はありそう!!!

Bインテンスライト
斬れる脚があるわけではないので前走のように直線勝負では分が悪い。それでもジリジリ脚を伸ばしており内容は悪くない。距離短縮ローテは①④①着で相性の良いローテ。父、母父ともにダート要素もあり当レース向き。内~中枠を引いて立ち回りの上手さを生かせれば十分通用する。

Bダディーズマインド
皐月賞9着でHラップ経験はメンバー最上位。終いも大バテしておらずG3なら優に通用するレベル。父トーセンホマレボシは芝ダ兼用種牡馬で母父フレンチデピュティはダートの名血。ダート要素がある血統で当レース向き。陣営は良馬場希望だが馬場が渋ってもこなせるはず。あとは同型との兼ね合いがあるので枠順が重要。

Bマイネルサーパス
前3走は斬れが要求されるコースで凡走も仕方がない。同コースのきんもくせい特別勝ちがありコース替わりで一変の可能性も十分。アイルハヴアナザー×タマモクロスという配合でいかにも渋った馬場も合いそうなタイプ。さすがに分かりやすい条件好転なので穴人気しそうだが上位候補。

Bヒシイグアス
上がり、持続力ともに上位レベルでまとまっておりソツがない。母方にRainbow Questの血を持ち、道悪で極端にパフォーマンスを落とすこともないはず。ただ、特別抜けた脚があるわけでもないのに推定1番人気はいただけない。力はあるが展開と仕掛けどころひとつでどうにでもなるレベル。

Bアドマイヤスコール
前走はやや掛かり気味だったのと距離も少し長かった印象。距離短縮はプラスも器用なタイプではないので大箱コースの方がベスト。ただ、そこまで斬れないので斬れ負けの心配がない小回りも悪くない。母父Caerleonはニジンスキー系で福島の特注血統!あとはいかに真面目に走るかがすべて。 上がり、持続力ともに上位レベルだが気性的にアテにしづらい。

<C・D評価>
Cディキシーナイト
前走内容から1800mベストだろう。大型馬で器用さに欠けるので再度小回りコースで前走のように上手く運べるかがカギ。体力を生かして外枠から力勝負に持ち込むのが一番手っ取り早いが、56キロなので強気な競馬では失速の可能性もある。実績上位も上がり、持続力は平均レベルで推定2番人気ほどの信頼度はない。

Cブレイブメジャー
キャリア3戦の割に上がり、持続力ともに上位レベルで素質は高そう。母シーイズトウショウは桜花賞2着、重賞5勝の実績馬。小回りコースも問題ないが、前2走は少頭数で楽な競馬だったので多頭数でタフな展開になったときに不安が残る。1800m自体はこなせるだろうが、折り合いに課題があり初距離の延長ローテというのは大きな減点。内~中枠希望。

Cブレイキングドーン
前走は特に不利もなく伸びずバテずで6着。弥生賞の内容から時計の掛かる馬場でないと厳しい印象。なので雨が降って重馬場になるようならプラス。ただ、最近はまったくテンに行けないので、斬れるタイプでもなく小回りで間に合うか微妙。

Cギルマ
前走は差し競馬でやや展開に恵まれた印象も上がりは上々。ハービンジャー産駒らしいパワー型だが飛びが綺麗で道悪は疑問が残る。あまりHラップ経験もないので前崩れの展開で追い込んでどこまでという感じ。必ずひと脚使うので大崩はしないタイプ。

Cサヴォワールエメ
前走は楽逃げも斬れ負けして5着。2走前も恵まれたがタフ馬場+小回りで結果を出しており当レース向きの適性がある。素質はヒケを取らないものがあるが、現時点ではスローしか経験がないのは大きな減点。内枠を引いて摩擦を抑える競馬なら穴に。

Cヒルノダカール
前走は直線で内外から締められる不利があり度外視できる。上がりは平均かやや下くらい。ただ、Hラップ経験がないので外なら消し、内枠なら押さえ程度。

Dウインゼノビア
Dゴータイミング
Dポルーニン
Dランスオブプラーナ
Dレッドアネモス

重馬場で気になる馬をランキングに記載
⬇⬇⬇

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。