tarareba KEIBA
今週の重賞

CBC賞 最終予想

見解

そこそこの降水量とみてタフ馬場想定。そんなに厳しいペースになるとは思えないが先行馬の脚に信頼が置けない。

過去5年、4番人気以下で馬券になったのはミスプロ系などダート指向の強い血統。その他では母父サンデー系、グレイソヴリン系持ち。
芝1200mがピッタリというタイプより1400mも走れるような血統が合う。

印上位馬

◎⑧キョウワゼノビア   

○⑬アウィルアウェイ   

▲⑨レッドアンシェル   

△⑩ラベンダーヴァレイ   

△④アレスバローズ   

キョウワゼノビアはハーツクライ産駒(グレイソヴリン系持ち)だが距離短縮での成績が良いようにタフな条件が合う馬。母方はダートの名血Seeking the Goldにニジンスキーと適性は十分。

前走は直線で進路が狭くなる不利があり不完全燃焼。上がり、持続力ともに52キロなら通用していいレベル。

アウィルアウェイは母父キンカメで同じく軽量牝馬。直線の長いコースも合うので課題の折り合いをクリアできれば。

レッドアンシェルはすでにタフ馬場で結果を出している実績馬。ラベンダーヴァレイアレスバローズはともに道悪不得意だが、前者は血統的には道悪OKで軽量、後者は前走が不利な流れで変わり身が見込め、人気もないので。

危険馬

舞台適性、道悪ともにケチはないが、前走が恵まれたレースだっただけにそれ以上は望めないのでは。

危険馬はランキングに記載🐴💪
⬇⬇⬇

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。