tarareba KEIBA
出走馬診断

七夕賞 出走馬診断

※順不同 A~Dの4段階評価
完全オリジナル全頭タラレバ診断です。最終予想とは異なり諸条件やオッズを加味してないので、必ずしもA馬を本命にするとは限りません。

巷では大荒れ大荒れの七夕賞と騒がれているが、先週のような馬場でなければ中波乱程度なのかなという印象。ただ、巷のオッズでは割れそうなので配当妙味は十分見込めそう。

明日の枠順と週末の天気を確認して煮詰めたい😎💪🏾

Aクレッシェンドラヴ
ステイゴールド×Sadler’s Wellsでいかにも小回り向きのタイプ。実際に結果も出しており適性は言うまでもない。タフ馬場もある程度なら許容範囲。上がり、持続力ともに上位レベルで有力候補。netkeibaだと想定6番人気みたいだが恐らく3番人気以内だろう。早めにエンジンを掛けたいクチなので中~外枠が合う。

Aロシュフォール
小回りコースの経験はデビュー戦6着以来だが、皐月賞馬アンライバルドを輩出したバレークイーン一族なら機動力も兼備しているはず。さらに欠点の少ないキンカメ産駒といった感じで瞬時に動ける脚もあって大きな減点ではないとみる。 何よりこのメンバーでは素質で一枚上の存在。出遅れ癖があるのが懸念材料だが、上がりは最上位なので余程馬場が悪化しなければ末脚不発はないのでは。

Bミッキースワロー
前走は馬場も合わなかったのだろうがドスローペースが響いて参考外の一戦。上がり、持続力は上位レベル。得意の小回りコース替わり+相性の良いグレイソヴリン系持ち。57.5キロも許容範囲で馬場さえまともなら巻き返せる。

Bクリノヤマトノオー
前走はモタれる左回りで6着なら及第点以上。直線の短いコースや少し時計の掛かる馬場がベストで条件は好転。気難しく本気で走らない面があるので集中力が増す道悪+内枠なら面白い存在。父ジャングルポケットはトニービン産駒でグレイソヴリン系。

Bエンジニア
飛びが大きく加速が遅いので大箱コースがベターだが、ゴチャつかなければ斬れ負けしない小回りの方が合う印象。上がり、持続力は通用レベルでタフ馬場も得意な方。テン乗りは減点も乗り難しいタイプではないのでさほど心配はない。スムーズに運べれば大駆けがあっていい。

<C・D評価>
Cストロングタイタン
気難しいタイプで上手く運べないと投げ出す癖がある馬。Hラップ対応力はあるが上がりはないのでペースが上がりそうなのは歓迎。ただ、あまり乱れると嫌気を差す心配もあり気分良く自分のリズムで仕掛けられるかがカギ。重馬場での好走実績はあるが良馬場の方が良いタイプなので馬場悪化はプラスではなく、能力はあるがアテにできない。スムーズに運べる中~外枠が合う。

Cソールインパクト
斬れないディープ産駒で小回りは問題ないが、近走は長距離にシフトしているので短縮ローテは微妙。ポジションが取れない可能性があり、かつ上がりの脚もないので早めに動いてどこまでといった感じ。とはいえ外を回して勝ち切るほどの抜けた脚もない。内~中枠で押さえ。外枠なら消し。

Cタニノフランケル
前走は休み明けで仕上げ不足の印象で叩かれた上積みは見込める。どちらかと言えばスロー~平均ペースで行きたい馬なのでここは展開が難しい。Hラップ対応力もある方ではないので予想外に落ち着いた流れにならないと厳しい。あとは同型との枠順次第で判断。

Cアウトライアーズ
前走は不向きな外回りコースで度外視。2走前の福島民報杯は大外枠で4着。馬群を縫って上がって行ければここでも面白いのだが、再度大外まくりでは同様の脚が限界。野中騎手の手腕次第になるがひとまず内枠が欲しい。先週のラジオNIKKEI賞を勝ったヴィクトワールピサ産駒。ただ、本質的には軽い馬場の方が良いタイプなので極端な馬場は減点。

Cウインテンダネス
苦手な休み明けを叩かれ良化は確実。近走は長めの距離を使われているが2000mは4勝の実績があり斬れ負けしない相手なら距離は問題ない。早めにエンジンさえ踏めれば脚質も不問で乗り方ひとつでチャンスは十分。グレイソヴリン系×ミスプロ系は昨年12番人気3着のパワーポケットを裏返したようなもの。内~中枠を引いて前目で運べれば穴。

Dブラックスピネル
Dベルキャニオン
Dマルターズアポジー
Dカフェブリッツ
Dロードヴァンドール
Dゴールドサーベラス

現時点で気になる穴馬をランキングに更新中🐴💫
⬇⬇⬇

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。