tarareba KEIBA
先週の雑感

難しい夏の最終週を終えて

先週は小倉6Rで102万5570円!JRA史上3位、小倉競馬では史上最高の馬単高額払い戻しが飛び出すなど馬場悪化に伴い想像通り波乱決着が多数。小倉芝は外を通れば良いというわけではなく、内から人気薄が突っ込むなどカオス状態。とにかく荒れ馬場適性が要求され近走ダート経験馬の激走が目立った。

何が難しいって騎手の進路取りの判断が読めないことだ。小倉2歳ステークスを勝利した◎マイネルグリットの国分優作騎手も「馬場読みが難しく、外枠だったのである程度のポジションを取りに行ったら上手くハマりました」というように作戦はあったにせよ運も多分に左右した結果。

その様な不確定要素が多すぎることと今の馬券の調子を踏まえて土曜は勝負を見送り、日曜重賞だけに懸けたが小倉2歳ステースでは単勝、馬連4点で難なくプラス収支😊

がしかし新潟記念は◎センテリュオが7着で撃沈…。牝馬特有の斬れを生かせればと考えていたのに、まさかの4番手追走😓
1000m通過58秒6の持続ラップに巻き込まれて直線はまったく伸びず見せ場もない7着に終わった。

北村友一騎手「後ろから外を回す競馬だと厳しいと思ったので、ある程度の位置を取って終いの脚を生かせればと考えていました・・・」

いや、わかるよ!そこまで斬れないので言いたいことはわかるんだけど新潟外回り2000mで、この馬にその競馬はまだ雑巾がけが足りないだろ👊これまでHラップ経験すらないのに速いペースを追走して直線でもうひと上がりなんて無理や。こっちは直線だけ脚を使う競馬でうっかり馬券内にって期待していたのに…。

終わってみれば2000m以上のレースで好走歴のあるユーキャンスマイルが1着。唯一持続ラップで高速上がりが使える対抗評価のジナンボーが2着。小回りコースで斬れよりダラダラ脚を使う形が得意なカデナが3着とタフなレース質だったことがわかる。週中の展望でも単調な斬れだけでは通用しないと言っていたにも関わらずこの結果は情けない😓

ということで夏競馬のオーラスも目ぼしい的中もなく終了。しかし、6・7月は競馬GPで三冠王をいただき、収支も大幅プラスだったのでなんとか8月の失速を耐え凌げた😂👍

今週から舞台を中山・阪神へ移して秋競馬の開幕🐴👏
3歳クラシックTRやスプリンターズSなど楽しみな開催。その反面、夏の平坦好走馬や春以来の休み明け馬の取り捨てなど難しい要素も多く、3日間開催などもあるので傾向を掴めないと根こそぎ資金をもってかれる危険な開催でもある。(笑)

今週も《消し》はズバリと沈めて◎はきっちり馬券になる有益なブログを目指すので秋競馬も飽きずにお付き合い願います🙏🙏🙏

最後にクリック応援お願い致しますm(_ _)m

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。