tarareba KEIBA
予想ヒント

【予想ヒント】菊花賞

馬場

先週の京都芝コースは土曜は水準より4秒以上遅い時計で参考外レベル。やや乾いた日曜、月曜でも水準より0秒5前後時計のかかる馬場コンディション。3日間とも騎手コメントでは「緩い馬場に脚を取られた」というコメントが多数。芝16レース中、4角10番手以下から勝利した馬は1頭のみ。それも新馬戦で馬場の適性差が生んだものだけ。総じて先行馬が有利の傾向だった。

今週も週中・週末にかけて雨予報があり引き続き重たくタフな馬場コンディションが予想される。時計的にも先々週のようにマイナス数値になる可能性は極めて低く、タフ馬場への適性の重要。芝16レース中、上がり33秒台は1レースもなかったように斬れより長く脚を使えるタイプが狙い目。あとは逃げ・先行馬に警戒。

適性

過去5年、平均~Hラップの持続力勝負で決着。昨年はスローペースと言われているが、過去と比較してのものでラップ的には極端なスローペースというほどでもない。昨年のように少しペースが落ち着くとスピードの持続力に加えて高速上がりが要求される傾向で総じてHラップ対応力は必須。

過去5年、5番人気以下が1頭以上絡む波乱レース。とはいえ人気薄は枠順、脚質、前奏レースに偏りがなく、その年の馬場や展開に適した馬が激走。そのためデータでは絞りづらく配当妙味は高い。

過去10年、神戸新聞杯3着以内は【7-6-2-11】で好走率が高い

該当馬

ワールドプレミア
ヴェロックス

タフ馬場で開催された年は長距離実績馬が好走。古馬混合2200m以上のレースで勝利実績があった

該当馬

ディバインフォース
ヒシゲッコウ
メロディーレーン
ホウオウサーベル

関東馬は昨年フィエールマンこそ勝利したが【1-0-1-45】と苦戦

該当馬

ザダル
ニシノデイジー
ヒシゲッコウ
カウディーリョ
ホウオウサーベル
ナイママ

セントライト記念組の関東馬は【0-0-0-25】と苦戦

該当馬

ザダル
ニシノデイジー
ナイママ

血統

過去5年、4番人気以下で馬券になったのはニジンスキー系、ノーザンテースト系などスピードの持続力に長けた血を持つ馬。ただ、稍重以上で行われた年は過去5年では17年しかなく、当日の馬場によっては傾向が異なる可能性があるので注意したい。上記の血はタフ馬場でも有効なので常に警戒しておきたい。良馬場ならヴァイスリージェント系など米国スピード色の強い血が有効。

ニジンスキー系、ノーザンテースト系持ち

該当馬

ヴェロックス(ニジンスキー系持ち)

現時点で気になる穴馬をランキングに記載🐴💫
⬇⬇⬇

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。