tarareba KEIBA
今週の重賞

第160回天皇賞(秋) 最終予想

見解

◎②アーモンドアイ   

○⑩サートゥルナーリア   

最強競馬ブログランキングへ   

△③ケイアイノーテック    

△⑥ユーキャンスマイル

馬場は完全に乾いて水準より速い時計が出ており、直線は末脚が生きるコンディション。ならば高速上がりは必須で加えてスピードの持続力が要求される力勝負か。さすがに穴党とはいえ人気薄からの本命は効率が悪いメンバー。

アーモンドアイ言うまでもなく上がり、ペース対応力ともにトップクラス。前走1800m以下の安田記念からの臨戦過程も当レースでは強調材料。また、父ロードカナロアの母父はストームキャットで米国系のスピード持続力に優れた血を持つのもプラス。1枠2番なら減点材料は見当たらない。

対抗もサートゥルナーリア。2000mへの距離短縮は歓迎で同じくロードカナロア産駒。まだまだ粗削りで経験ペースも少ないため不安要素はあるが、すでに上がり、持続力はトップレベル。土曜のスミヨンの騎乗を見たら評価は下げられない。

スケベなところを突くならケイアイノーテックユーキャンスマイル。良馬場で行われた過去4年、4番人気以下で馬券になった8頭中6頭が距離延長ローテ。ケイアイノーテックはセオリー通りで血統もディープ×母父米国系。前走先行→今回差しに回る競馬で末脚増大。ユーキャンスマイルは当レース勝ち馬のラブリーデイと同じキンカメ×ダンスインザダークという血統。

上位2頭にエンターテイメント性を求めつつ下位2頭にスケベな夢を見る。

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。