tarareba KEIBA
重賞展望

セントライト記念◎候補

先週の中山芝コースは水準より0秒5前後時計の掛かる馬場。

脚質傾向はやや先行有利。土日ともに途中雨が降ってきたが、馬場を敗因に挙げる騎手コメントは1つもなかった。

今週末も不安定な天気で前日まで様子見が必要。JRA公式発表では芝の生育は良好とのことなので、開幕2週目なら余程の降水量でなければ極端に傾向が変化することはないとみる。

過去5年、4番人気以下で馬券になったのは6頭。

うち4頭が上がり4位以下と斬れよりスピードの持続性に優れた馬が穴。

上がり3位内で馬券に絡んだのは大半が1.2番人気で、人気馬は上がり上位であれば軽視できない。

ではいつも通り先行馬からチェックしていく。

全体的に先行馬はやや多めだが何がなんでもハナへというタイプはいない。

それでもこのコースはコーナーの数が少ないので息をいれにくく、道中のラップが緩みにくいのが特徴。

先行馬は速い上がりを使えるかHラップ対応力に優れている必要がある。

先行勢ではバビットヴァルコスの2頭が優秀。

ヴァルコスはすでに青葉賞2着と距離実績があるが休み明け初戦というタイプではないのがどうか。

バビットの父ナカヤマフェスタは当レース相性の良いステイゴールド系。

ここも前走同様に自分のリズムで運ぶか内枠で脚を溜める競馬なら面白い。

その他ではラインハイトマイネルソラスココロノトウダイあたりがギリ及第点という感じ。

ただこのあたりはHラップ対応力という点では物足りないので、内枠、前残り馬場、展開などプラスαの条件付きだろう。

次に差し馬ではガロアクリークサトノフラッグフィリオアレグロリスペクトの4頭まで。

中でもダービー最先着のガロアクリークは上がり、持続力ともに上位。

中山実績もあり休み明けさえこなせれば人気だろうが有力候補。

サトノフラッグはディープ産駒だがやや斬れに欠けるので中山替わりは歓迎だろう。

正直そこまで強い馬とは思えないが相手弱化の前哨戦ならそれなりに。

フィリオアレグロは素質ならメンバー最上位だろう。

全3走の上がりの成長曲線は走る馬のそれ。

エンジンの掛かりが遅いので小回りがどうかも2200mの距離があれば問題なさそう。

春は明らかに子供っぽさが目立っていたので、夏を越しての成長次第ではあっさりまである。

穴ではスタミナ豊富なリスペクトが面白そうだったが鞍上ルメールでは妙味がない。

上位人気勢がすべて飛ぶなら話は別だが、中堅層のレベルが低くその可能性は低いので食指は動かない。

当日の馬場次第だが人気上位馬が強そうなので、穴は内枠を引いた馬からいくか。

現時点で有力候補はコチラ🐴💫
⬇⬇⬇

最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。