第163回天皇賞・春

◎本命馬

①ワールドプレミア

例年の京都開催、同コースの松籟Sの傾向からタフな持続力勝負。

ワールドプレミアは有馬記念、日経賞の内容から内回りのロンスパはむしろ合う印象。
これまで以上にスタミナを要求されるが、脚を温存できる最内枠なら終いは確実。
昨年G1勝利のない混沌としたメンバー構成なら、有馬だけ走れば頭レベルだろう。

相手印は下記ランキングから重賞ページへ。

最強競馬ブログランキングへ