第38回エプソムカップ

◎9ヤシャマル   

○7ファルコニア   

▲14ガロアクリーク   

△8アルジャンナ   

△4セダブリランテス

×17アドマイヤビルゴ


例年なら先行粘り込み型でタフな血統を狙うのがセオリー。ただ、今年の東京芝は外差し傾向で末脚が生きる馬場コンディション。安田記念の結果を見ても粘り込みタイプには厳しい状況。

というわけで今年は直近傾向にヤマを張る。

ヤシャマルは安定した上がりがあり、3連勝はいずれも高速馬場で勝利。重賞実績こそないが、休み明けや復調途上ぞろいのメンバー構成なら狙いが立つ。

父キズナは今の東京芝で強さを発揮しているディープインパクト×ストームキャット。母父も米国系アグネスデジタルとドンピシャリ。土曜の木幡巧也は外差し馬場を読んでいたので、真ん中からロスなく運んで外に出せれば一撃あっても。

相手印は下記ランキングから重賞ページへ。

最強競馬ブログランキングへ