tarareba KEIBA
予想ヒント

【予想ヒント】ユニコーンステークス

馬場

先週の東京ダートは中間、開催当日の降水の影響で、土日とも1秒5~2秒近く速い時計の出る高速馬場。各騎手のコメントから「硬い馬場、時計が速すぎた」などの声が多かった。

とはいえ直線の長い東京コースなので、前残り多発というわけではなくやや前有利程度。それより軽い馬場への適性の有無が結果を左右した。

今週も週末にかけて不安定な天気予報。冬季開催と違って雨が降るとダイレクトに馬場が軽くなるので、先週同様に時計の速い決着の可能性が高い。狙い方としては高速上がり重視。次いで逃げ・先行馬が中心。もちろん前で速い上がりを使えるのが一番。

昨年は重馬場で水準より1秒8速い高速馬場で開催。1、3着馬が上がり1位タイ、2着馬が上がり3位と上がり上位馬で決着。

適性

過去5年、いずれも持続力勝負で決着。ですが、この時期のダートレースでHラップ経験のある馬は少ないので近走上がり上位馬が有利になりやすい。今年は割とHラップ経験のある馬が多数いるので持続力勝負が濃厚。

過去5年、前走ダートOPで4着以内だった馬はすべて連対。

該当馬

ヴァイトブリック、ヴァニラアイス、デアフルーグ、デュープロセス、ニューモニュメント、ブルベアイリーデ。

芝→ダ替わりは馬券圏内なし。

該当馬

ロードグラディオ、ワイドファラオ。

血統

先週ダート1600m以下4番人気以下で馬券になったのは12頭中9頭が父か母父サンデー系。特に父クロフネ、ヘニーヒューズはそれぞれ2頭穴をあけた。それ以外はパイロ、サウスヴィグラス、ロードカナロア(父母父ストームキャット)産駒などダートの名血のみ。

東京ダート1600m上位種牡馬シンボリクリスエス、ゴールドアリュール産駒も警戒。

今年はサウスヴィグラス、クロフネ産駒の出走はなし。

アシャカトブ(父シニスターミニスター)サトノギャロス、ニューモニュメント、ワイドファラオ(父ヘニーヒューズ)ヴァイトブリック(父シンボリクリスエス)

現時点で気になる馬を掲載!!


最強競馬ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。